プログラム作成方法を統一するために導入

CAD/CAM

導入システム

PartsCAM INFINITY
EXCESS-HYBRIDⅡ

導入したきっかけ

2DCAM、3DCAMを使用している作業者が別々になっていた為、柔軟に対応するのが難しい環境だった。また、工場内のCAD/CAMも古く、プログラムを作成するのに時間がかかっていた

選定した理由

プログラム作成において、統一化できていない部分があったが、PartsCAM INFINITYは、加工パターンをデータベースに登録することができる為、プログラム作成の時間短縮、統一化を図れると思い選定した。また、PartsCAM INFINITYのキャンペーンが魅力的だった。また、CAMソルバ機能のサーフェース演算から出力されたNCデータにより、他社と比べても圧倒的な高品位切削面を実感。又そのときのC&Gシステムズ様の技術者の対応が良かったことも決断のひとつです。

導入効果

CAMを統一することができ、簡単な操作でツールパスを作成できるので、ヒューマンエラーも激減し、プログラム作成時間を35%削減できた。また、サポート体制が整っており、困った時の対応、回答が早いので、作業を停滞する事なく進められる。

今後の展望

PartsCAM INFINITYの特性を理解し、工数削減、データベースの充実化を図る。
プログラム作成方法を統一し、プログラマー経験に関係なく質の高いプログラム作成
ができる環境の構築を進めていく。また、モジュール構成が豊富にあるので、ワイヤーのプログラムも作成していきたい。

会社情報


アピックヤマダ株式会社
〒389-0890
長野県千曲市大字上徳間90番地
TEL:026-275-2111
(創業:昭和25年3月、設立:昭和28年5月、従業員:435名)
https://www.apicyamada.co.jp/

会社概要


半導体製造装置、樹脂封止装置、移載装置、切断成型装置の制作、精密金型の製造をしている。

Interviewee


アピックヤマダ株式会社
金型製造部 金型製造技術グループ
チームリーダー 小山寿則様

関連記事