誤差±0.001mm
約100%日本仕様の金型を海外生産

日本のモノづくりに完全対応
高品質・高精度の金型を供給します

約100%日本オーダー

インフィニティソリューションズが納品する金型は、日本国内で企画設計し、中国工場で製作しています。現在、拠点は香港・東莞の2箇所。どちらも日本のスキルと技術、そして品質管理体制をもち、製品の約100%が日本のお客様からのご注文によるものです。日本のモノづくり業界の厳格な要求をクリアする品質、精度の金型をご提供し、確かなご信頼をいただくに至っています。

インフィニティソリューションズが香港に現地法人を立ち上げ、金型製作の海外展開をスタートしたのは2008年。単に海外に下請け製造を求めたのではありません。日本のモノづくりニーズに完全対応し、「匠の技」に自信をもてる金型製造拠点をつくることにより、“安価で粗悪”との偏見をもたれがちな海外のモノづくりに変革を促すこと、その成果として日本のモノづくり企業を支援することが目的でした。

その実現に向け、日本企業の注文を精確に反映して設計・製造につなげ、ご満足いただける金型を納品できる生産モデルを確立。3DCAD、CAM、解析等のソフトウエアを駆使した金型設計、高精度対応の製造マシン、そしてそれらを的確に使いこなし、高い品質を導き出すマンパワーを充実させてきました。

約100%日本オーダー

海外生産のメリットって?

  • 約100%を誇る日本からの受注のみによる品質保証(日本品質 JAPAN QUALITY)
  • 中国のめざましい技術成長と日本製工作機械導入による精度保証
  • 24時間稼働体制による納期短縮
  • インフィニティソリューションズは金型打合せ、品質管理、納入までを一気通貫管理し完全に日本でコントロールしています。

海外拠点

東莞事務所
無限鳳凰(東莞)有限公司
英文名
INFINITY PHOENIX (DONG GUAN) INC.
中国工場
東莞市翔景模具製品有限公司
英文名
DONG GUAN XIANJING MOLD PRODUCT INDUSTRIAL INC.
香港事務所
香港翔景模具製品實業有限公司
英文名
HK XIANJING MOLD PRODUCT INDUSTRIAL INC.
業務内容
  • プラスチック樹脂成型金型(量産金型)
  • プラスチック樹脂成型金型(試作金型)
  • プラスチック樹脂成型金型(部品加工)

国別受注率

国別受注率
なぜ、日本企業・日系企業の割合が約97%も占めているの?
それは、世界最高水準の品質と精度が要求される「日本のモノづくり」
工場内では国ごとの異なる品質基準を混在させると、品質が低下してしまう恐れがあります。
「世界最高峰の金型をつくりたい!」
だからこそ、日本企業の仕事に特化しているのです。

働いていただいている社員皆様の情報

社員数
61名(日本語通訳 2名)
平均年齢
35歳

生産キャパシティ

月平均金型製作面数
20型 - 30型
製作可能金型成型機サイズ
60t - 2,000t

製品実績

自動車(内装/外装/エンジンルーム内)

  • 自動車(シフトレバー)
  • 自動車(スイッチ)
  • 自動車(ハンドル)
  • 自動車(エンジン部品)
  • 自動車(ブレーキタンク)
  • 自動車(電装)

医療/ヘルスケア

  • 医療(酸素マスク)
  • 医療(点滴装置)
  • 医療(AED)
  • 医療(保育器)
  • 医療
  • 医療

家電製品

  • 家電(テレビ)
  • 家電(空気清浄機)
  • 家電

アミューズメント

  • アミューズメント
  • アミューズメント
  • アミューズメント

プラスチック射出 成型樹脂流動解析(AUTODESK MOLD FLOW)

インフィニティソリューションズではプラスチック射出 成型樹脂流動解析(AUTODESK MOLD FLOW)を使用することにより、製品特性による問題点を事前にシミュレーション検証しお客様にご提案することができます。

  • 樹脂充填予測
  • ウエルドライン予測
  • ランナーバランスとランナーの最小化検討
  • ヒケ・ボイド箇所予測
  • 反り・変形予測
  • 冷却回路の検討

金型製作フロー

部品加工
  1. お見積
  2. ご発注
  3. 仕様確認
  4. 検討書作成
  5. 設計開始
  6. 組図提出
  7. 組図承認
  8. 製作開始
  9. 工程表提出
  10. 進捗状況報告
  11. 部品完成
  12. 最終検査
  13. 出荷納品
金型
  1. お見積
  2. ご発注
  3. 仕様確認
  4. 検討書作成
  5. 設計開始
  6. 組図提出
  7. 組図承認
  8. 製作開始
  9. 工程表提出
  10. 進捗状況報告
  11. 金型完成
  12. トライ成型
  13. サンプル提出
  14. 評価
  15. 修正
  16. 最終検査
  17. 出荷納品

所有設備一覧

設備分類 メーカー 型式 生産国 台数(PCS) ストローク(X/Y) 主軸回転数 年式 備考
マシニングセンター OKUMA MB-56VA JAPAN 1 1,050 560 20,000 2019
山崎技研 YMZ-850 JAPAN 2 950 500 15,000 2017
FANUC ROBODRILL JAPAN 1 500 400 24,000 2019
台一机械股份 TAIWAN 1 1,200 620 12,000 2014
台一机械股份 TAIWAN 1 1,000 600 12,000 2013
通洋机械制造 TAIWAN 1 1,000 600 8,000 2013
嵩富机械股份 TAIWAN 1 1,200 620 8,000 2010
德米机械 CHINA 1 600 500 24,000 2014
大兴智能机械 HONG KONG 1 500 400 24,000 2015
ワイヤーカット加工機 三菱電機 MV1200S JAPAN 2 500 300 2015
日本沙迪克ソディック JAPAN 2 400 280 2012
台湾庆鸿机电工业股份 TAIWAN 1 900 400 2018
放電加工機 大韩EDM KOREA 2 1,500 1,000 2017 Wヘッド仕様
日本沙迪克ソディック CHINA JAPAN 2 400 350 2015
台一机械股份 TAIWAN 2 1,000 600 2015
台一机械股份 TAIWAN 2 700 350 2015
深穴CNC加工機 台立数控机械 TAIWAN 1 800 600 2013
台立数控机械 TAIWAN 1 900 1,600 2013
台立数控机械 TAIWAN 1 1,600 1,200 2016
タップ加工機 东莞市常平智恒机 CHINA 2 300 500 2016
汎用フライス 台正机床有限公司 TAIWAN 7 1,260 260 2016
研磨機 珠海市旺磐精密机械 CHINA 2 400 160 2019
荣谐机床 CHINA 1 800 400 2014
台湾同准精密机械 TAIWAN 1 400 160 2018
台湾同丰精密机械 TAIWAN 1 400 160 2013
珠海市旺磐精密机械 CHINA 1 1,600 1,650 2017
測定設備 海克斯康(HEXAGON) 3次元 USA 1 600 800 2019
海克斯康(HEXAGON) 3次元 USA 1 460 710 2014
珠海市怡信测量科技 2.5次元 CHINA 1 460 360 2013
クレーン設備 凯岛起重设备 3t 1 2020
凯岛起重设备 5t 1 2020
凯岛起重设备 10t 2 2020
凯岛起重设备 15t 1 2020
成形機 台湾今机机械 20t 1 2018
海天机械集团 60t 1 2020
海天机械集团 120t 1 2020
海天机械集团 160t 1 2020
海天机械集团 280t 1 2020
成型機(協力工場所有) 海天机械集团 1,800t 1 2014
海天机械集团 1,000t 1 2014
海天机械集团 800t 1 2014
台湾富强鑫精密 520t 1 2014
海天机械集团 380t 1 2014
海天机械集团 268t 2 2014
力劲科技集团 200t 1 2014
力劲科技集团 160t 1 2014
力劲科技集团 150t 1 2014
海天机械集团 120t 1 2014
海天机械集团 120t 1 2014

2021年1月現在

中国の工場は徹底した“日本のモノづくり”仕様

中国工場の創設に際し、インフィニティソリューションズは日本の工場管理の基本である「5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)」の徹底からスタート。
また、高精度、高品質をあたりまえとする日本のモノづくり文化を工場スタッフ全員で共有。さらに、高い生産性を維持管理し、技術向上、品質向上に全員が意欲をもって取り組める環境整備を進めてきました。ことに未来への財産となる人づくりに力をそそぎ、人材定着率の高い工場として定評をいただくに至っています。
中国での製造開始から10年を経た今、完全に“日本のモノづくり仕様”となった工場で約60人のスタッフが日本のお客様に信頼される金型製作に情熱を傾けています。

中国の金型製作拠点から

中国広東省東莞市の金型製作拠点の対応を紹介します。
筆者の羅裕倹さんは、日本の技術研修生、製造スタッフを経てキャリアを築き、現在、代表として現地法人の運営に携わる生え抜きのエグゼクティブ。日本のモノづくりを支える事業に誇りを持つ彼の想いが中国拠点のスタッフたちにも浸透しています。

日本の匠技術を海外で

羅裕倹

無限鳳凰(東莞)有限公司
東莞市翔景模具製品有限公司
首席 羅裕倹

世界一の精密さと品質管理を超越した日本の金型技術。
私たちは十数年前、インフィニティソリューションズの金型製作を中国で推進するにあたり、「日本のモノづくりに追いつき、追い越せ」をスローガンに、基本から見直すことから始めました。

まず取り掛かったことは「整理・整頓・清潔・清掃・躾」(5S)です。
この言葉は中国国内の製造業の間でも知れわたっていて、「工場内の5Sが徹底されていなければ、良い製品は作れない」と、社内の全員で共有・徹底しました。
「汚れている環境ではきれいなモノは見えないけれど、きれいな環境では汚れているモノが見えてくる」。きれいな環境は良い製品を作る基本中の基本だと感じます。

もちろん、私たちはあいさつにも重点をおいています。
日本からお客様が訪中した際には社員全員が脱帽し、日本語で「おはようございます」「こんにちは」とあいさつをします。
それは仕事を発注してくださるお客様への感謝の気持ちを表すとともに、あいさつを大事にする日本の文化を尊重し、喜んでいただける「おもてなし」が品質向上につながると信じているからです。

現在、私たちが注力していることが、「金型の直彫り技術」です。マシニングセンター機械加工で最大限の仕上げまで追い込み、さらに製品精度を向上させるため、日本のお家芸ともいえる「金型の直彫り」を徹底的に勉強いたしました。
ここ数年は日本の工作機械を導入しています。日本の技術に引けを取らない金型を納品するためです。ツーリングシステムや切削工具なども日本製を使用し、お客様にご満足いただいています。私たちはこれからもより高度な技術に挑戦する覚悟です。

私たちの工場では日本企業様の金型しか製作しておりません。「約100%日本受注」です。
なぜなら日本以外の国の仕事をしてしまうと、品質が疎かになり、社内間の品質基準が崩壊してしまうからです。私たちが目標にするのは、世界一の品質を誇る日本のモノづくり。それ以外にありません。

私たちが製作した金型で成型された製品が日本の自動車、家電、医療関係などに使用されていることを、私たちは大変嬉しく感じています。そして、日本企業の金型を製作していることを非常に誇りに思っています。